更新:2014.08.29

幼稚園紹介

1.設立 昭和25年に現在の地に設立
2.設立者 後藤 太郎
3.設置者 学校法人 晃佳育英学院
4.理事長 橋本 勲
5.園長 市石 誠子
6.教員 教諭 … 6名
 助手 … 1名
 預かり保育担当教諭 … 2名
 事務 … 1名
 講師 … 2名


 
 
私たちはこのように考えています。

どんな生き物も、赤ちゃんの時は、とても可愛いものです。
生まれながらに、周囲にいる同種の生き物から、愛くるしい、守ってあげたくなる、 などの感情を呼び起こさせるように生まれ出ると言われております。 こうして身を守って、少し大きくなると、群を作る生き物では、最低限の群の作法が出来ないと、 攻撃を受けたり、群を追われたり、生き長らえることすら不可能となります。
人間の子どもとて同様に、家庭の中での濃密で狭い空間から公園デビューとも呼ばれる、 親の手の届く範囲での子ども同士の交わりやがて、初めての親の手も目も離れた社会経験、それが幼稚園です。 先ほどの群の作法や(ルール)やお子さんの能力を開花させてゆく経験学習です。 一人で身につくものは家庭内の躾や兄弟、親族からの学習。幼稚園では同世代の子供が集うことにより 経験を通じ学習でき、学習効果は驚くほどです。
子供たちは本能的に身を守る術をしってます、それは常に周囲の者達から愛されつづける事だと。 ですから喜んで先生の言い付けを守ろうとし、周りの子どもを仲間と認め合い 強調しながらもより自分に愛情が注がれるように競争をしてゆき、これからが成長をもたらすと考えられています。 幼稚園の日々の誘導と、それぞれのお子さんの家庭での指導が大きく食い違っていたりしたら大変です、 子どもはパニックになったり心の大きな傷を与えかねません。
ひまわり幼稚園では極力、保護者の方々と密接な連携を取りながら子ども達の自我の追及や、 夢を大きく膨らませてゆく為に必要な作法を身に付けさせ、一人一人が素晴らしい未来に向かえるよう、 保護者の方々とスクラムを組み研鑚の日々を過ごしたいと念じております。
 
 


  戻る